004 2つの世界を繋ぐ軸

ギャラリー沼の底 第4話

言葉と感情は繋がっている

感情が豊かな人は表現力も豊かで、人を惹きつけます。
反面、暴れ牛のように厄介な時もありますよね。
感情に手綱をつけるには、どうすればよいのでしょうか?

誰かの言葉に思わず「カッ!」っとなったり、心を揺さぶられたり…。そんな経験ありませんか?
言葉と感情には繋がりがあります。
そして感情は線で表現する事ができます。
つまり可視化する事ができるのですね。

「カッ!」とした時に描く線と、心を揺さぶられた時に描く線と、喜びに震える時に描く線では、
結果が大きく異なります。
感情は人に伝わりやすいので、感情の入った線はそれだけで見る人にメッセージを伝達する事ができます。

前回003で、二義文(ダブル・ミーニング)のイメージを使い、磁石の真ん中の説明をさせていただきました。
”磁石の真ん中” と似ているものに【中心軸】というのがあります。
スポーツ選手や武道をする方、またはヨガをなさる方たちによく使われる言葉かと思います。

皆さまは「中心軸」という言葉を聞いて、どのような線をイメージしますか?

直線でしょうか?それとも曲線でしょうか?
横向きでしょうか?それとも縦向きでしょうか?
どこから出発して、どちらの方角に向かって行きますか?
素材感はどうでしょう?柔らかいですか?それとも硬いですか?

中心軸がしっかりあると、周囲の言葉や感情に振り回されなくなります。
逆に、 「あえて他人の言葉や感情に振り回されてみる」 なんて事も出来るようになります。
「影響を受ける」と「変化」します。その 変化を楽しむ のです。

また、もしも危険な冒険旅行に出かける事になった時、持ち物の中に「中心軸」が入っていたら
安心だと思いませんか?

ワークショップでは、中心軸を常に携行できるよう、お手伝いをさせていただいております。

ギャラリー沼の底 Océane

ギャラリー沼の底 Océane

ハラオチしながら世界をみる

1974年東京生まれ
ギャラリーアビアント アシスタント
家事代行piu-c(ピウシー)代表

祖父、伯父、父が舞台美術家であるが、自身は元バスケットボール選手。
物の見方と認識が専門。

選手引退後小学校教師を目指すが、情報量の多さと教育界の厳しい現実を知り断念。
情報を外側に求めると「知らない領域」が無限に広がってしまう事に気がつき、既に知っている情報をより深化させる道を模索するようになる。
長らくメンタルの引きこもり状態が続いたが、日本に住む2人の外国人との出会いと、コロナ禍による交流の断絶が契機となり、抽象的かつ感覚的なイメージを少しづつ言語化し発信するようになる。
情報分断の原因でありイメージ界最大の不一致でもある「有るイメージ」と「無いイメージ」を繋ぎ、イメージ世界のバリアフリーを目指している。

関連キーワード

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

(月 - 金 9:00 - 18:00)カスタマーサポート